ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シャッターへのガイナ塗装
いまだ梅雨があけずじめじめした天気が続いていますが、やはり晴れると「暑い!」

湿度も手伝い「熱い!」

今回お隣の岡山県にある工場。工場内は空調設備が整っており快適な作業環境でうらやましい限り。

しかし、工場への機械出し入れ口シャッター付近では、シャッターからの熱により製品の精度に誤差が
生じる。との事です。

そこで「ガイナ」をシャッターに塗装する事となりました。
f0118802_19394550.jpg
このように西日が当たります。午後3時頃にはシャッター全体に直射日光が当たります。
f0118802_19474795.jpg
現在PM2:30分。日のあたっている部分の表面温度は42度。
f0118802_2052241.jpg
工場内部は、少し写真がピンボケですが、37度。シャッター1枚なのに少し低め。これはおそらく工場内部の空調で冷やされていると思われます。
f0118802_20111538.jpg
高圧洗浄、下塗り塗装終え、ガイナ塗装。シャッター㎡数、14㎡。ガイナ7K缶で15㎡なので7K缶を使い切りで3回に分けて塗装。
f0118802_20171997.jpg
塗装完了後PM2:40分、工場壁面は51度。
f0118802_20192244.jpg
シャッター外部表面は、32度。
f0118802_20205347.jpg
工場内シャッター表面部は、34度でした。ただ、ガイナが完全乾燥していない状態ですので、あくまで塗装直後の温度です。後日天気の良い日に測定し、ご報告いたします。
[PR]
by shipyasuhide | 2011-07-06 20:31
<< シャッター「ガイナ」塗装の検証 7月1日 >>