ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
本日、設立記念日です・・・・2018年7月30日
暑い日が続いてますなー
毎日、ビーーーールがウマすぎます(笑)
でも、被災された方々のことを考えれば、こんな暑さは耐えられると、スタッフ一同ポカリを飲みながら作業する毎日です。


ところで、本日(有)シップペイント藤田は設立記念日です。
法人になってから丸19年が終了いたしました。

あっっという間の19年でした。

いわゆる「下請け」仕事はせず、チラシとホームページのみでお仕事をいただくスタイル、同業社の方からの苦情電話にも耐え(笑)、なんとかここまで楽しく仕事をさせていただいてまいりました。
ホント「させていただいてきた」という表現がぴったりだとつくづく思います。

そんな本日も、リピーターのお客様から防水と玄関ドアのリフォームの工事のご依頼で現場へ。
懐かしいお客様との会話に胸がいっぱいになりました。

まだまだ、夢の途中。
これからも、技術に磨きをかけ、一歩一歩頑張ってまいります。

今後ともどうぞ(有)シップペイント藤田をどうぞよろしくお願い申し上げます。




(有)シップペイント藤田 堀内 康秀










[PR]
# by shipyasuhide | 2018-07-30 15:33 | 事務所にて
7月6日の 降雨災害について
この度、西日本を襲った7月6日の大災害で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

弊社のある福山市御幸町並びに、倉庫兼工場がある神辺町も浸水被害に遭いました。
事務所はおかげさまで大丈夫でしたが、倉庫兼工場は河川の増水による浸水被害に遭ってしまいました。
スタッフ総出で復旧作業を行い、現在は平常営業に戻っております。

たくさんのお見舞いのお電話やメール等々いただきましたこと心から感謝申し上げます。

しかし、まだまだ道路やスーパー等は平常営業とはならないようで、皆さん不便な思いをされている方、また
いまだに避難を余儀なくされている方も多いと聞きます。

一日も早く、平穏な日常が戻りますよう心よりお祈り申し上げております。





(有)シップペイント藤田
代表取締役 堀内康秀

[PR]
# by shipyasuhide | 2018-07-10 11:05 | 倉庫兼塗装工場
7月6日の 降雨災害について
この度、西日本を襲った7月6日の大災害で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

弊社のある福山市御幸町並びに、倉庫兼工場がある神辺町も浸水被害に遭いました。
事務所はおかげさまで大丈夫でしたが、倉庫兼工場は河川の増水による浸水被害に遭ってしまいました。
スタッフ総出で復旧作業を行い、現在は平常営業に戻っております。

たくさんのお見舞いのお電話やメール等々いただきましたこと心から感謝申し上げます。

しかし、まだまだ道路やスーパー等は平常営業とはならないようで、皆さん不便な思いをされている方、また
いまだに避難を余儀なくされている方も多いと聞きます。

一日も早く、平穏な日常が戻りますよう心よりお祈り申し上げております。





(有)シップペイント藤田
代表取締役 堀内康秀

[PR]
# by shipyasuhide | 2018-07-10 11:04 | 倉庫兼塗装工場
金襴を使って鏡面塗装・・・・・2月11日(日)
今回、塗装仕事で「できません」と言うのが嫌な性分がもたらした
「大変な挑戦!!」
経緯はいずれ話すとして、依然塗装した手桶弁当の布バージョン。
それも、金襴。それも福山の金襴。福山の。と言えば「(有)中村金襴工場」さん。

中村金襴と言えば西陣織、西陣金襴などと肩を並べる織物と、認識しています。
そんな高価なもの使ってできるのか?・・・(恐ろしい)

端切れを頂けたのでテスト。
見当がつくことと言えば、繊維に塗料を塗りこむと変色するであろうということだけ。
以前、千代紙を使って塗装した時も多少はありましたが、繊維は、繊維に
入り込む塗料の量が半端ないので濡れ色になり、そのままの色目で固まると思う。
とにかく塗って見る事に。
f0118802_22351346.jpg

予想通り、とんでもない色になりました(泣)
クリヤーを塗る前に思いつく限りの対策を行った布が左側、未対策が右側。
左右同じ色だったとは思えないくらい変色しました。対策した方も全然使い物に
ならず・・・。回転の悪い頭をフル回転させ(中回転くらい)変色防止策を考えねば・・・。
f0118802_22493629.jpg

f0118802_22503581.jpg
f0118802_22504126.jpg
思いつく限りの塗料や他の代物を塗ってテスト。繊維に下塗りした時点で変色しないものを
一応チョイス。
f0118802_22540563.jpg
ルンルン気分。しめしめ、楽勝気分で仕上げます。

とりあえず乾燥が早く、研磨しやすいウレタンで塗り事にしました。









が!!?? 塗ったとたん 「なんじやこりゃー」
f0118802_23023272.jpg
又、ふり出しですわー。
こななったらとことんやったる。「九つ転び10起きですわー」



久しぶりに燃えてます!



[PR]
# by shipyasuhide | 2018-02-11 07:20 | 試作
漆塗り風ウレタン塗装 パート8
かなり乾燥させたので組み上げ。
f0118802_19205431.jpg
f0118802_19205932.jpg
f0118802_19211109.jpg
これから仕上げに入ります。付着した小さなホコリ等を取り除き、塗装面を整えます。
これが結構根気がいります。鬼嫁が花見に弁当入れて持って行くそうで、せかされています。
家にお持ち帰り。で夜中も磨いて何とか間に合せました。
f0118802_20025966.jpg
f0118802_19330742.jpg
f0118802_19330499.jpg
f0118802_19325571.jpg
無事完成。(ちなみにこの写真。引き出しの順番違ってます。一番上と二段目、反対です)
早速弁当詰めてルンルンで母と2人。花見に(夜桜)出発。
婿のわしは、置いてきぼりです。(付き合わされるより一人の方がいいです。。。)



[PR]
# by shipyasuhide | 2017-04-10 20:12
漆塗り風ウレタン塗装 パート7
優先順位から言って飛び入りとは言えお客様のが最優先。
ギターネックと餌箱を先に仕上げます。(何で餌箱が優先の中にはいっているのか?・・・)
f0118802_00593861.jpg
f0118802_00594055.jpg
f0118802_00594386.jpg
f0118802_00595804.jpg
なぜ餌箱が最初なんでしょうか?
それは、最初にお客様のを塗って失敗してはいけないので、今日のコンデーションを見る為に
最初に塗ったのですー。
f0118802_01022243.jpg
f0118802_01020202.jpg
イーとー巻き巻きも付けてちゃんと仕上げました。明日引き渡します。
f0118802_01023019.jpg
f0118802_01025675.jpg
こちらも完成。さぞ餌のミミズも喜ぶと思います。
f0118802_01030787.jpg
f0118802_01030540.jpg
こちらも終盤。結構厚塗りになっているので仕上げるのに少し乾燥期間が必要。
少しの間乾燥の為放置します。

[PR]
# by shipyasuhide | 2017-04-06 01:27
漆塗り風ウレタン塗装 パート6
千代紙部分の段差もなくなり、らしくなってきました。
f0118802_01373862.jpg
f0118802_01373505.jpg
本日、螺鈿が手に入りました。試に小さなカケラっぽい物を購入。早速使ってみる事に。
f0118802_01401326.jpg
f0118802_01402306.jpg
以前漆風に塗装した渓流用の餌箱。螺鈿、金箔、お試しで今回初の銀箔も使ってみました。
高級なミミズ用餌箱に見た目はなるかも。さぞ大きなヤマメやイワナが釣れるでしょう。
f0118802_01404480.jpg
f0118802_01404295.jpg
飛び入りでお客様からのギターネックの塗装注文も入り中塗り。気に入るまで塗り重ねるので、
どこまでが中塗りで上塗りなのか塗ってる本人にもわかりませんが、とにかく乾燥待ち。
f0118802_01405580.jpg
f0118802_01405884.jpg
なんとか千代紙部分の段差が無くなり全面サンディング。この辺りまでは800番のペーパーを
使用。これから先は1000~2000番になります。
f0118802_01411629.jpg
f0118802_01411358.jpg
ギターネックもサンディング後塗装。乾燥待ち。日が変ったのでもうお開きです。
又、明日塗ります。


[PR]
# by shipyasuhide | 2017-04-05 02:05
漆塗り風ウレタン塗装 パート5
一応引き出し等は塗装完了。
f0118802_01322331.jpg
f0118802_01323709.jpg
完了と言っても塗りが終わっただけ。まだまだ表面の仕上げ等が残っています。
これはこのまま乾燥放置。
f0118802_01325746.jpg
f0118802_01325475.jpg
本体はこんな感じ。またこの後サンディング。千代紙の周りに段差があります。
この段差が無くなるまで塗ってはサンディングを行います。
f0118802_01330730.jpg
f0118802_01330999.jpg
急遽飛び入り参加のギターのネック。
何年か前、ギター本体を塗装した事がありますが今回このネックを新調するのですが、
思った色がない為、塗装依頼がありました。  一緒に塗りまーす。


[PR]
# by shipyasuhide | 2017-04-04 01:55
漆塗り風ウレタン塗装 パート4
本日引き出しに千代紙を貼り付けました。普通の糊では塗装中剝がれるかも?
少し剥がれて浮いた状態が頭に浮かんだ。そこでウレタンクリアで張り付けてみることに。
f0118802_18503171.jpg
ちょっとこの発想は失敗。ウレタンの乾燥が早いので引き出しの千代紙を張り付ける部分に
ウレタンを塗り、すぐに千代紙を張り上からウレタンを塗装。千代紙に染み込ませたところ、
じぇじぇー!華やかなはずの千代紙がくすんでしもた。あでやかさが無くなりなーんか今一。
f0118802_18514300.jpg
f0118802_18515469.jpg
f0118802_18520951.jpg
特に千代紙の白い部分が白ではなく俗に言う濡れ色。飴色っぽくなっている。しかし、
もう剝がせない。これはこのまま仕上げる事に。
f0118802_18521349.jpg
f0118802_18521908.jpg
全体塗装後、サンディング。塗装、サンディングの繰り返し。サンディングの際げずりすぎて
千代紙を削らないように千代紙自体の肌がフラットになるまで繰り返します。
f0118802_19221784.jpg
f0118802_19222144.jpg
全体がフラットになるとこんな感じでサンディングを行うと全体が白くなり、光った部分が
無くなります。
f0118802_19223918.jpg
f0118802_19224268.jpg
本体にも柄付け。先に引き出しのみ仕上げる事に。
f0118802_19230219.jpg
f0118802_19231937.jpg
とりあえず引き出し、間仕切り板は塗装完了。よく乾燥するまで放置します。

[PR]
# by shipyasuhide | 2017-03-31 19:37
漆塗り風ウレタン塗装 パート3
今回からは、サンディング、塗装、乾燥後サンディングの繰り返し。
とにかく木目が消えるまで延々と続きます。
f0118802_00080851.jpg
f0118802_00081731.jpg
f0118802_00085881.jpg
ところどころ光った部分があります。それが無くなるまで塗ってはサンディングの繰り返し。
削りすぎると着色が無くなり、又着色から行います。
f0118802_00091076.jpg
f0118802_00092467.jpg

f0118802_00092052.jpg

乾燥させ、又サンディング。
f0118802_00212938.jpg
f0118802_00213238.jpg
f0118802_00213702.jpg
f0118802_00214021.jpg
まだまだ光った部分が消えません。気が付けば日が変わりそう。もう1回塗って帰ります。
それと今回は、千代紙を使って柄付けを行ってみます。(めっちゃ不安)

[PR]
# by shipyasuhide | 2017-03-31 00:35 | 倉庫兼塗装工場