ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
DIYでの屋根塗装のお問い合わせ
屋根にサビが発生しているので御夫婦で屋根塗装を行いたい。との事。

 ご質問
 油性シリコン屋根用とアクリルトタン用どちらがよいか?

基本的に、屋根部分は外壁の壁面と比べ約3倍の負荷がかかっていると言われています。
したがって屋根部分は油性系塗料が良いでしょう。又、シリコンとアクリルでは耐久性に
かなりの差があり塗替えの間隔を長くとりたいのであれば「シリコン塗料」でしょう。
又、アクリル塗料は、塗替え回数が重なり、塗装膜の厚みが厚くなってくると塗装膜に「割れ」
が発生する事が多く、割れが発生した場合、古い塗装膜を剥がさなければ再塗装出来なくなります。

地域にもよりますが、湿度の多い所とか、何カ月も屋根に雪が積もったりする地域では、おのずと
塗装膜の傷みも進み塗替えの間隔が短くなります。

このような事と取扱の良さを踏まえると、下塗りには、油性「弱溶剤系一液タイプのサビ止め塗料」
ただサビ止め塗料にも種類があり無難なタイプは「弱溶剤系一液エポキシ系サビ止め」かな?
上塗りは油性「弱溶剤一液タイプの屋根用シリコン塗料」が良いのではないでしょうか?

又、塗料を購入される場合、どこで購入されるのでしょうか?
量販店(ホームセンター)等では、塗料の種類によってはお勧めできません。
同じシリコン塗料でも業者の使用する塗料とはかなり成分も値段も違います。

近くに塗料専門店があれば、一般の方でも買う事が出来るのでそちらで購入する事をお勧めします。
近くに塗料専門店が無い、塗料選びに不安がある。  そのような場合、一報ください。

作業方法等、詳しい説明が必要であればメールいただければ・・・



こんな感じかな?
[PR]
by shipyasuhide | 2011-05-27 20:45
梅雨の気配かな・・・5月22日(日)
昨日の夜中、我が家に「ムカデ」出没。

チョビことうちの鬼嫁の悲鳴とともに起こされた俺たち(ワシと猫のシャミ)

足を噛まれたらしい。痛ーーーいと逃げる鬼嫁。さすがムカデ、さすがの鬼嫁にも涙。

眠い中でのムカデ退治になんと捕獲失敗。さすがに寝起きではムカデの動きにはついていいけません。
鬼嫁に怒られたがもうどうにもならない。

鬼嫁はおこって夜中に「事務所へ行く」といい残し出てってしまった。(事務所にはムカデは出ないので逃げた!)

寝なおそうと布団に入ると今度はシャミの「ごはーんにゃー」攻撃に・・・。

おかげで寝不足じゃ。

おまけに朝からしっとりの雨。

現場が続いただけに今日は恵みの雨となった。

でも、今日は朝からお見積りに何件か伺うお約束。

負けられまへん。

雨の中はさすがに見積もりには伺えない・・と延期のお電話をしようとしたら、なんと晴れててきた!!


いいぞ天気!


早速、予定通りお見積りに・・・。


「いつもチラシ見てます」とおっしゃってもらうと寝不足なんてどっかいったな。


急いで帰社して、すぐに見積もりの計算を行ってます。


天気予報を見ると雨マークが続いてますね・・・・。

そろそろ梅雨君のお出ましか!

いやいや、ペンキ屋、負けられへんでー!(梅雨メバルもそろそろか?)




塗装専門の(有)シップぺイント藤田のホームページはこちらです
[PR]
by shipyasuhide | 2011-05-22 20:34 | 現場にて
瀬戸内海国立公園(鞆公園)に当社のLEDの光が灯りました。
鞆の浦周辺は1925年に名勝・鞆公園の指定を受け、さらに1931年に制定された国立公園法において国立公園として最初に指定された地区のひとつである(瀬戸内海国立公園)そうです。御存じでした???
-ウィキペディア フリー百科事典より-


先日、福山市さんより当社のLEDの発注をいただき本日納品取り付けを行いました。
鞆ノ浦市街地入口に浮かぶ「弁天島」
f0118802_21102997.jpg
f0118802_21113215.jpg
器具、機材を船に積み込みここから上陸。(私は、カメラを持って対岸で・・・)「竿を持っていれば一緒に・・・」
かな?。
f0118802_21165686.jpg
取付を見守る係。
f0118802_21195626.jpg
暗くなるのを待つばかり。
f0118802_21214696.jpg
少し影が出ているので「鞆ノ浦花火大会」までにLED照明の調整を行う予定です。
[PR]
by shipyasuhide | 2011-05-18 21:27
ゴールデンウィークでも雨漏りは休まず
最近雨が降らなければ長ーく降らず。雨が降ると集中的に降る事が多い気がします。

通常の雨では何とも無いが、集中的に降られるとその時だけ雨漏りがする。

この様なお問い合わせが最近非常に多い。
f0118802_1335527.jpg
古いタイプの防水材が使用してある場合、ほとんどが新しいルーフィングを敷くだけで雨漏りは止まります。

しかしこの様な部分があれば全く別。
f0118802_13395014.jpg
この部分は、瓦の下に隠れている部分。雨が少なければ穴のあいた部分まで水は来ないが一気に雨が降ると樋からの排水が間に合わず穴部分が水没し、雨漏りが発生する。

屋根から天井への雨漏りは比較的簡単ですが、それ以外はなかなかピンポイントで急所を見つけるのは難しく、経験と、理屈をミックスさせながら急所を「探し、見つける」と言う感じです。
f0118802_1434785.jpg
f0118802_1442370.jpg
f0118802_1462175.jpg
f0118802_1464971.jpg
f0118802_147641.jpg
これから梅雨に向かって樋のお掃除をお忘れなく。お家の形状により樋が詰まっただけで雨漏りが発生する場合もあります。くれぐれもご注意を!
[PR]
by shipyasuhide | 2011-05-03 14:14