ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
変わった遮熱塗料の使い方
朝夕めっきり涼しくなり、バテ気味だった体もやや回復気味。

なんといっても今年も多かった屋根塗装。夏といえば電話が鳴れば屋根塗装。

いじめか?・・・

いいえ、ありがたーいお電話です。でも今年の夏は暑かった!

日中、ポカリを毎日5,6本、帰ってビールを5,6本と言う始末。おかげで夏痩せ0.
少なくとも、汗の量から言えば4,5キロ痩せたかな?と思いきや、300グラムも減らなかった。

泣き!!! なんでやろー

悩みながら?あいも変わらず「遮熱塗料」のテスト。
f0118802_164757.jpg

これは、下塗り(シーラー)⇒中塗り⇒上塗が遮熱塗装、中塗りがミソ?で中塗りに、断熱性のある塗料を
一層塗装します。これにより、上塗の遮熱塗料で塗装表面の温度を下げ、断熱層で建物に伝わる温度を
抑える為、建物内部の温度上昇をより一層抑えてくれます。このテストは、塗り板の表面温度を測るのでは
なく、塗装裏面の温度を、一般塗料、遮熱塗料のみ、断熱+遮熱塗料と3種類の塗り板で比較するものです。

ただいまデータ取得中。

尚、断熱+遮熱塗料は、これから冬に向かい、寒さ対策にも対応する為、真冬までテストするつもりです。

それと今ひとつ。遠赤外線の出る暖房器具を使用している部屋には、赤外線が一方通行でどこ得も反射さ
れない為、(反射するものが無い)赤外線の出ている方向しか暖まらない。そうおもいませんか?
そこで、変わった遮熱塗装の使い方として、部屋内部に遮熱塗装を行うと赤外線が反射され、部屋中に
赤外線が飛び回るので少しの暖房ですごく暖かくなるそうです。(ある塗料メーカー開発部の談)

これもテストのかちあり!かな??

これらを総合すると、最新の塗料をうまく組み合わせて使うと、古い住宅も塗装で
「省エネ住宅に生まれ変わる」 といえます。
また、事務所が実験台?鬼嫁の顔が浮ぶ・・・
[PR]
by shipyasuhide | 2008-08-27 01:53
ホンモノのぼやき
えっ 今日は8月9日ということは・・・・・・・・・・・・・ブログサボりすぎなワシ。

鬼嫁こと、チョビに怖ーーーーーーい顔してにらまれて当然だよな。




はっきりいってこの季節は、ビール命に仕事してます。






なぜか一番暑いこの月って、毎年「屋根塗装」が多い(泣)なんでやろー。

イジメかっちゅうほど多い。
f0118802_20411392.jpg



いやいや ありがたいことです。すごく すんごく ありがたいことです。




でも    




しんどい。




ビールッ腹に拍車かかってます。






ホンマにボヤく わし。
[PR]
by shipyasuhide | 2008-08-09 20:41 | 現場にて