ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
新築&リフォーム・外壁塗装。
外壁塗装上塗り塗装前下地処理。
f0118802_2149947.jpg

微弾性フィーラー塗装後、開口目地部分にこの様に微弾性フィーラーが入り込んでいます。見苦しいですねー。


そんなわけで、目地に入り込んだフィーラーをカッターナイフで切り取り中。
f0118802_21524522.jpg



切り取り完了が、この様になります。
f0118802_2154434.jpg



すべての目地を綺麗にそろえて上塗り塗装開始。
f0118802_2155273.jpg

f0118802_21554454.jpg

f0118802_21561525.jpg

f0118802_21563571.jpg

f0118802_21565721.jpg

すべての部分を2回同じ塗料で塗装しました。どんな高価ないい塗料でも1回塗りでは耐久性は、半減してしまいます。必ず同じ種類の塗料で2回塗りが鉄則です。
天候が悪く年内の足場撤去は中止。来年早々に足場の撤去を行なう事になりました。明日場撤去後、お家全体の写真をアップします。

もう世間では正月休みの方が多く、何件かのお客様のお宅を廻るのにも一苦労。倍の時間がかかります。明日現場が完了し私たちも仕事納めになりますが、スムーズに車が走らせられますよーに。

ちなみに31日より2008年1月1日にかけて父と近くて遠い島、百島へ釣り納め&釣り始めに行く予定。天候が気になりますが・・・ 「大漁でおめでとう」 といくつもりです。
では、良いお年をお迎え下さい。2008年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by shipyasuhide | 2007-12-29 22:17
新築&リフォーム・外壁塗装。
本日は、養生、養生完了後下塗り塗装です。
f0118802_2340724.jpg

f0118802_23403864.jpg

破風、軒裏は下地の素材を生かし、そのままシーラー塗装。模様無しで仕上げます。


壁面は、微弾性フィーラーを塗装。無地のサイディングボードに厚みの付くフィーラーでパターンを付けて塗装。
f0118802_23453633.jpg

表面はこんな感じでパターンを付けて生きます。
f0118802_23464159.jpg

f0118802_23473895.jpg

グレー色だった部分が下塗りで白くなっていきます。上塗りはと言うと、ガルバ部分と同じ色で仕上げるつもりです。
ホワイトハウス??ですかー。

乾燥後は、上塗り塗装です。ガルバ色にうまく調色できるでしょうか???。
[PR]
by shipyasuhide | 2007-12-21 23:55
新築&リフォーム・外壁壁取り付け完了。外壁塗装スタート。
ガルバリウム外壁及び無塗装サイディング壁取り付け完了。現在の外観はこんな風です。
f0118802_21165290.jpg

f0118802_21171994.jpg

f0118802_211894.jpg

f0118802_21182881.jpg

f0118802_21184468.jpg



外壁グレー色部分が無塗装サイディングで今回塗装仕上を行なう部分です。
サイディング壁面はサイディング取り付け業者の責任施工(サウディングのつなぎ目の防水)なのでコーキング処理済。当社で行う下地処理は、軒部分。この様にケイカル板が取り付けられています。
f0118802_21294784.jpg

下地処理部分はケイカル板のつなぎ目。及び目地部分。どうしても少し口が開いています。
パテ処理を行なうのが一般的ですが、数年後にはパテが「やせ」て小さくなったり硬くなりすぎて「ワレ」が出やすい為、当社では高弾性タイプのコーキングで処理を行ないます。高弾性コーキングは、年数が経っても硬くなりにくく伸縮性に優れている為にワレが起こりにくいのです。



f0118802_21302483.jpg

まずこの様に、コーキング処理を行なう部分すべてに専用シールプライマーを塗装します。
パテ処理の場合はプライマー処理が不要です。その為パテ処理が一般的に多く行なわれる理由です。(プライマーを塗装せず、コーキングを施工するのも多いですが・・・)
ちなみにシールプライマートは、この場合壁面とコーキングの密着を良くする為の「接着剤」の用なものです。当然プライマーを塗装するのとしないのでは、数年後の差ははっきりとしています。
f0118802_21493577.jpg

コーキングを施工する部分すべてにプライマーを塗装します・


この様に仕上げます。
f0118802_21514394.jpg

f0118802_215216.jpg


f0118802_21522837.jpg

f0118802_21524554.jpg




そして、壁面のコーキング施工部分すべてにノンタックプライマーを塗装します。
f0118802_2154414.jpg

ノンタックプライマーはコーキングの持つ油分が上塗り塗装に染み出てくるのを防ぐ役目をするプライマーです。
築5年以上経った家の外壁面でコーキング部分の塗装が黒くなっているのを見かけますがそれが「ブリード」といい、コーキングの持つ油分が上塗り塗装にしみ出て黒くなっているのです。
ペンキ屋が使うコーキングと違い新築時のサイディンに使用する2成分型いわゆるAとBとを混ぜて使うタイプにブリードがおきやすいのです。
明日からは、下塗り塗装に入ります。
[PR]
by shipyasuhide | 2007-12-20 22:18 | 事務所にて
新築&リフォーム、外壁材取り付け進行中。
外壁材取り付け中。
f0118802_20335415.jpg

現在張られている外壁材は今風のアルミ金属系素材、通称ガルバリウムと呼ばれるサイディングです。
サイディング表面の形は色々ありますが最近あちこちでこのタイプの外壁材を使った建物が増えています。
「ガルバリウム」とは、アルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ層を持つ金属で、一般のカラー鋼板の
3~6倍の耐久性があります。その上に高耐候性塗装を施したものなどさまざまですが、現在、「さびに強く」「腐りにくい」が売りの素材です。



そして、グレー色のサイディングが張られている部分が塗装仕上げ部分になります。
無地の無塗装サイディング。塗装色はガルバサイディングと同じで異素材感を出すつもりです。
ガルバサイディングの耐久性に置いていかれない様な塗料のチョイスが必要です。悩むなー・・・
f0118802_21234064.jpg

使用塗料はまだ決めていません。私の独断と偏見で決めさせていただきます。
予算は頭からはずして、 「ビシット!!」決めちゃいますョー。
[PR]
by shipyasuhide | 2007-12-07 21:30