ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:未分類( 70 )
漆塗り風ウレタン塗装 パート8
かなり乾燥させたので組み上げ。
f0118802_19205431.jpg
f0118802_19205932.jpg
f0118802_19211109.jpg
これから仕上げに入ります。付着した小さなホコリ等を取り除き、塗装面を整えます。
これが結構根気がいります。鬼嫁が花見に弁当入れて持って行くそうで、せかされています。
家にお持ち帰り。で夜中も磨いて何とか間に合せました。
f0118802_20025966.jpg
f0118802_19330742.jpg
f0118802_19330499.jpg
f0118802_19325571.jpg
無事完成。(ちなみにこの写真。引き出しの順番違ってます。一番上と二段目、反対です)
早速弁当詰めてルンルンで母と2人。花見に(夜桜)出発。
婿のわしは、置いてきぼりです。(付き合わされるより一人の方がいいです。。。)



[PR]
by shipyasuhide | 2017-04-10 20:12
漆塗り風ウレタン塗装 パート7
優先順位から言って飛び入りとは言えお客様のが最優先。
ギターネックと餌箱を先に仕上げます。(何で餌箱が優先の中にはいっているのか?・・・)
f0118802_00593861.jpg
f0118802_00594055.jpg
f0118802_00594386.jpg
f0118802_00595804.jpg
なぜ餌箱が最初なんでしょうか?
それは、最初にお客様のを塗って失敗してはいけないので、今日のコンデーションを見る為に
最初に塗ったのですー。
f0118802_01022243.jpg
f0118802_01020202.jpg
イーとー巻き巻きも付けてちゃんと仕上げました。明日引き渡します。
f0118802_01023019.jpg
f0118802_01025675.jpg
こちらも完成。さぞ餌のミミズも喜ぶと思います。
f0118802_01030787.jpg
f0118802_01030540.jpg
こちらも終盤。結構厚塗りになっているので仕上げるのに少し乾燥期間が必要。
少しの間乾燥の為放置します。

[PR]
by shipyasuhide | 2017-04-06 01:27
漆塗り風ウレタン塗装 パート6
千代紙部分の段差もなくなり、らしくなってきました。
f0118802_01373862.jpg
f0118802_01373505.jpg
本日、螺鈿が手に入りました。試に小さなカケラっぽい物を購入。早速使ってみる事に。
f0118802_01401326.jpg
f0118802_01402306.jpg
以前漆風に塗装した渓流用の餌箱。螺鈿、金箔、お試しで今回初の銀箔も使ってみました。
高級なミミズ用餌箱に見た目はなるかも。さぞ大きなヤマメやイワナが釣れるでしょう。
f0118802_01404480.jpg
f0118802_01404295.jpg
飛び入りでお客様からのギターネックの塗装注文も入り中塗り。気に入るまで塗り重ねるので、
どこまでが中塗りで上塗りなのか塗ってる本人にもわかりませんが、とにかく乾燥待ち。
f0118802_01405580.jpg
f0118802_01405884.jpg
なんとか千代紙部分の段差が無くなり全面サンディング。この辺りまでは800番のペーパーを
使用。これから先は1000~2000番になります。
f0118802_01411629.jpg
f0118802_01411358.jpg
ギターネックもサンディング後塗装。乾燥待ち。日が変ったのでもうお開きです。
又、明日塗ります。


[PR]
by shipyasuhide | 2017-04-05 02:05
漆塗り風ウレタン塗装 パート5
一応引き出し等は塗装完了。
f0118802_01322331.jpg
f0118802_01323709.jpg
完了と言っても塗りが終わっただけ。まだまだ表面の仕上げ等が残っています。
これはこのまま乾燥放置。
f0118802_01325746.jpg
f0118802_01325475.jpg
本体はこんな感じ。またこの後サンディング。千代紙の周りに段差があります。
この段差が無くなるまで塗ってはサンディングを行います。
f0118802_01330730.jpg
f0118802_01330999.jpg
急遽飛び入り参加のギターのネック。
何年か前、ギター本体を塗装した事がありますが今回このネックを新調するのですが、
思った色がない為、塗装依頼がありました。  一緒に塗りまーす。


[PR]
by shipyasuhide | 2017-04-04 01:55
漆塗り風ウレタン塗装 パート4
本日引き出しに千代紙を貼り付けました。普通の糊では塗装中剝がれるかも?
少し剥がれて浮いた状態が頭に浮かんだ。そこでウレタンクリアで張り付けてみることに。
f0118802_18503171.jpg
ちょっとこの発想は失敗。ウレタンの乾燥が早いので引き出しの千代紙を張り付ける部分に
ウレタンを塗り、すぐに千代紙を張り上からウレタンを塗装。千代紙に染み込ませたところ、
じぇじぇー!華やかなはずの千代紙がくすんでしもた。あでやかさが無くなりなーんか今一。
f0118802_18514300.jpg
f0118802_18515469.jpg
f0118802_18520951.jpg
特に千代紙の白い部分が白ではなく俗に言う濡れ色。飴色っぽくなっている。しかし、
もう剝がせない。これはこのまま仕上げる事に。
f0118802_18521349.jpg
f0118802_18521908.jpg
全体塗装後、サンディング。塗装、サンディングの繰り返し。サンディングの際げずりすぎて
千代紙を削らないように千代紙自体の肌がフラットになるまで繰り返します。
f0118802_19221784.jpg
f0118802_19222144.jpg
全体がフラットになるとこんな感じでサンディングを行うと全体が白くなり、光った部分が
無くなります。
f0118802_19223918.jpg
f0118802_19224268.jpg
本体にも柄付け。先に引き出しのみ仕上げる事に。
f0118802_19230219.jpg
f0118802_19231937.jpg
とりあえず引き出し、間仕切り板は塗装完了。よく乾燥するまで放置します。

[PR]
by shipyasuhide | 2017-03-31 19:37
ガイナ情報
突然ですが、「ガイナ」情報をお届けします。

ガイナが明朝、TBSテレビ『みのもんたの朝ズバッ!』で紹介されます!

■ 番 組 紹 介 ■
番組名: 「みのもんたの朝ズバッ!」
コーナー名: 「ニュース 目のつけドコロ」
放送日時:平成23年8月23日(火) 6:18ごろ ~ 6:28ごろ

海外が注目する日本の技術として、ガイナが取り上げられます。
朝早い放送となりますが、ぜひご覧ください!
[PR]
by shipyasuhide | 2011-08-22 18:20
シャッター「ガイナ」塗装の検証
今月初めに「ガイナ」塗装したシャッターの温度測定に行ってきました。

塗装後、雨が続き又、曇りの日が多かったのですが、「今日は暑い!」

すこぶる暑いので夕方、シャッターの温度測定に行ってきました。
f0118802_21253129.jpg
午後4時、シャッターいっぱいに日が当っています。
f0118802_21263365.jpg
ちなみにシャッター付近の壁面表面温度は53度。
f0118802_21284133.jpg
シャッターの「ガイナ」塗装表面部の温度は、39度。高い所では44度という部分もありました。
f0118802_21351397.jpg
この温度ムラは「塗装の幕厚ムラ?」なのか。はっきりした答えは今の段階では出せませんが、「ガイナ」自体のセラミックの並びが完全に終わっていない為、結論は保留です。1か月後、3ヶ月後では温度の数値が変わります。「ガイナ」は数年かかって塗膜構成が整う為、きっちり塗量の塗布量を守って塗装していれば塗装直後より、期間がたてば、たつほど性能は上がります。(表面温度は平均化すると思います)

夏の終わりごりに又、測定したいと思っています。(又アップします)
[PR]
by shipyasuhide | 2011-07-11 21:49
シャッターへのガイナ塗装
いまだ梅雨があけずじめじめした天気が続いていますが、やはり晴れると「暑い!」

湿度も手伝い「熱い!」

今回お隣の岡山県にある工場。工場内は空調設備が整っており快適な作業環境でうらやましい限り。

しかし、工場への機械出し入れ口シャッター付近では、シャッターからの熱により製品の精度に誤差が
生じる。との事です。

そこで「ガイナ」をシャッターに塗装する事となりました。
f0118802_19394550.jpg
このように西日が当たります。午後3時頃にはシャッター全体に直射日光が当たります。
f0118802_19474795.jpg
現在PM2:30分。日のあたっている部分の表面温度は42度。
f0118802_2052241.jpg
工場内部は、少し写真がピンボケですが、37度。シャッター1枚なのに少し低め。これはおそらく工場内部の空調で冷やされていると思われます。
f0118802_20111538.jpg
高圧洗浄、下塗り塗装終え、ガイナ塗装。シャッター㎡数、14㎡。ガイナ7K缶で15㎡なので7K缶を使い切りで3回に分けて塗装。
f0118802_20171997.jpg
塗装完了後PM2:40分、工場壁面は51度。
f0118802_20192244.jpg
シャッター外部表面は、32度。
f0118802_20205347.jpg
工場内シャッター表面部は、34度でした。ただ、ガイナが完全乾燥していない状態ですので、あくまで塗装直後の温度です。後日天気の良い日に測定し、ご報告いたします。
[PR]
by shipyasuhide | 2011-07-06 20:31
7月1日
当社は本日、7月1日より新年度となります。

あっという間の1年。あっという間の12年でした。

本日より13期目のスタートとなり早朝より燃えております。

今年も暑い夏になりそうですが、暑さを吹き飛ばすパワーで今年度に挑みます。

今後とも(有)シップペイント藤田をよろしくお願いいたします。
[PR]
by shipyasuhide | 2011-07-01 18:47
DIYでの屋根塗装のお問い合わせ
屋根にサビが発生しているので御夫婦で屋根塗装を行いたい。との事。

 ご質問
 油性シリコン屋根用とアクリルトタン用どちらがよいか?

基本的に、屋根部分は外壁の壁面と比べ約3倍の負荷がかかっていると言われています。
したがって屋根部分は油性系塗料が良いでしょう。又、シリコンとアクリルでは耐久性に
かなりの差があり塗替えの間隔を長くとりたいのであれば「シリコン塗料」でしょう。
又、アクリル塗料は、塗替え回数が重なり、塗装膜の厚みが厚くなってくると塗装膜に「割れ」
が発生する事が多く、割れが発生した場合、古い塗装膜を剥がさなければ再塗装出来なくなります。

地域にもよりますが、湿度の多い所とか、何カ月も屋根に雪が積もったりする地域では、おのずと
塗装膜の傷みも進み塗替えの間隔が短くなります。

このような事と取扱の良さを踏まえると、下塗りには、油性「弱溶剤系一液タイプのサビ止め塗料」
ただサビ止め塗料にも種類があり無難なタイプは「弱溶剤系一液エポキシ系サビ止め」かな?
上塗りは油性「弱溶剤一液タイプの屋根用シリコン塗料」が良いのではないでしょうか?

又、塗料を購入される場合、どこで購入されるのでしょうか?
量販店(ホームセンター)等では、塗料の種類によってはお勧めできません。
同じシリコン塗料でも業者の使用する塗料とはかなり成分も値段も違います。

近くに塗料専門店があれば、一般の方でも買う事が出来るのでそちらで購入する事をお勧めします。
近くに塗料専門店が無い、塗料選びに不安がある。  そのような場合、一報ください。

作業方法等、詳しい説明が必要であればメールいただければ・・・



こんな感じかな?
[PR]
by shipyasuhide | 2011-05-27 20:45