ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
漆塗り風ウレタン塗装 パート4
本日引き出しに千代紙を貼り付けました。普通の糊では塗装中剝がれるかも?
少し剥がれて浮いた状態が頭に浮かんだ。そこでウレタンクリアで張り付けてみることに。
f0118802_18503171.jpg
ちょっとこの発想は失敗。ウレタンの乾燥が早いので引き出しの千代紙を張り付ける部分に
ウレタンを塗り、すぐに千代紙を張り上からウレタンを塗装。千代紙に染み込ませたところ、
じぇじぇー!華やかなはずの千代紙がくすんでしもた。あでやかさが無くなりなーんか今一。
f0118802_18514300.jpg
f0118802_18515469.jpg
f0118802_18520951.jpg
特に千代紙の白い部分が白ではなく俗に言う濡れ色。飴色っぽくなっている。しかし、
もう剝がせない。これはこのまま仕上げる事に。
f0118802_18521349.jpg
f0118802_18521908.jpg
全体塗装後、サンディング。塗装、サンディングの繰り返し。サンディングの際げずりすぎて
千代紙を削らないように千代紙自体の肌がフラットになるまで繰り返します。
f0118802_19221784.jpg
f0118802_19222144.jpg
全体がフラットになるとこんな感じでサンディングを行うと全体が白くなり、光った部分が
無くなります。
f0118802_19223918.jpg
f0118802_19224268.jpg
本体にも柄付け。先に引き出しのみ仕上げる事に。
f0118802_19230219.jpg
f0118802_19231937.jpg
とりあえず引き出し、間仕切り板は塗装完了。よく乾燥するまで放置します。

[PR]
by shipyasuhide | 2017-03-31 19:37
<< 漆塗り風ウレタン塗装 パート5 漆塗り風ウレタン塗装 パート3 >>