ペンキ屋の社長です 兵庫県加古川市生れ。 広島県福山市で(有)シップペイント藤田というペンキ屋で社長兼職人をしています。
by shipyasuhide
リンク集
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
漆塗り風ウレタン塗装 パート2
オスモが乾燥すれば養生を外し外側の塗装用養生を行います。
f0118802_00140186.jpg
f0118802_00144324.jpg
まず、塗装する部分全体にペーパー掛けを行い着色していきます。
f0118802_00144670.jpg
f0118802_00220651.jpg
着色完了後、サンディングシーラーを塗装。
f0118802_00151953.jpg
f0118802_00151423.jpg
f0118802_00153062.jpg

サンディングシーラーを2回塗装して明日の夜まで放置。明日ペーパー掛けを行います。

[PR]
# by shipyasuhide | 2017-03-28 00:27 | 倉庫兼塗装工場
漆塗り風ウレタン塗装 バージョン2
又塗りたくなって仕入れてきました。
今回この重箱らしきケースの名前を聞いてきました。「野立て弁当」に使用する弁当箱だそうで
何百年もの歴史があるそうです。(これ花見に使えそう)
f0118802_02102260.jpg
f0118802_02104650.jpg
螺鈿に挑戦してみたいのですが、何も頭に浮かばず・・・。
とにかく内側を水洗いできる様にオスモで塗装します。
f0118802_02105652.jpg
f0118802_02110088.jpg
f0118802_02110521.jpg
今回本体の内側は着色。オバークの黒で塗装しました。前回同様オスモを3回塗りします。
どの様に仕上げるか?時間はたっぷりあるので考えます。

[PR]
# by shipyasuhide | 2017-03-27 02:26 | 倉庫兼塗装工場
重箱、漆塗り風ウレタン塗装
確か去年の年末に買った無塗装の桐製重箱?。
いつものフローリング塗装を工場で塗装している時、重箱の事を思い出した。確か買った時、
使っても洗えないから何か塗っといて!て軽く言われたのを思い出し家に帰って持って来た。
60過ぎても行き当たりばったりの馬鹿さ加減には、「変更なし!」(馬鹿さ加減を再認識)
バラシて目の前に並べて何を塗ろうか?どんな風に?・・・。この状態にしてから悩むかよー。
f0118802_00555410.jpg
フローリングを塗装しながら考えよー。
f0118802_01422578.jpg
フローリングをとにかく100枚塗って思いついたのが、外から見えない部分は、
水洗いができるようにオスモでクリアー塗装。外観は又、思いつくでしょう。
f0118802_00561241.jpg
オスモで防水性を桐材に持たせるのであれば3回は塗らねば。(よく塗料を吸い込むからねー)
ちょっとひらめきましたー。いわゆるI have an inspiration.ですわー。
漆みたいにウレタンで塗ってみよー!。ちょっと大変やろなー。
職人たるもの100点は皆無。80点くらいで自分に妥協しているだけ。歳を取るにつれ妥協点が
下がるみたい。ちょっと自分自身をはかりにかける意味でやってみよー。
f0118802_02121179.jpg
まずは、黒に染めます。
f0118802_02112644.jpg
乾けば、サンディング。
f0118802_02162823.jpg
また塗って。
f0118802_02113783.jpg
またサンディング。木目がなくなるまで繰り返す事8回。
f0118802_02193356.jpg
f0118802_02193080.jpg
だんだん木目がなくなり、それっぽくなってきました。まだ5回や6回塗ってもダメかも。
一つ言えることは漆ほど乾燥が遅くないので非常に楽かも?。
f0118802_02305926.jpg
途中正月に使った食用の金箔(料理に使ったりお酒に入っているやつ)があったのを思い出し
使ってみました。
金箔を落とす時、工場の換気扇が回っていたので思ったところに落ちず金箔を追いかけてすくい
取る様な事も。金箔があんなに軽いとは・・・。
f0118802_02310430.jpg
f0118802_02310858.jpg
f0118802_02313914.jpg
f0118802_02314355.jpg
今回、点数はつけられませんが手順、工法、サンディング用品等の改善で仕上がりが又違って
来ると思います。
それと自分をはかりにかけるには無理っぽいですねー。はかれて点数が見えるようになったら
「辞め時」でしょう。
今度螺鈿にも挑戦してみたくなりました。

[PR]
# by shipyasuhide | 2017-03-13 03:06 | 倉庫兼塗装工場
遊び心を添えて社用車塗装
この度車の傷んだ感が日増しに強くなり社用車の入れ替え。
f0118802_23051872.jpg
そして、鬼嫁に古い車は「古びたお前が乗れ」と言われしみじみ車を見れば、
見てば見るほど「くたびれ感大塗り替えてみようかなー
しかし何を塗ろおかなー、何色とか考えている時思い出した。
鬼嫁が、「手が空いた時私の車塗り替えといてー」と1900年代のポルシェグリーンを
キープ。(簡単に言いやがって。1日2日で塗れるかー)しばらくして「車塗らんでいいよー」
とぬかし、車変えやがった。「こんな車に使う色どないすんねん」とぼやいた事を思い出し倉庫
捜索。あったポルシェグリーン。どーなるかわからへんけど、塗ってしまえー
f0118802_23143592.jpg
まーまーのできですわ。
一時はこんな色、どおなる事かと心配しながら塗ったけど・・・
隣の檀公房(俗に言う看板屋)が僕の車も「塗って」て言うから「いいよー」て言ったら
塗り替えた車の看板作って貼ってくれました。(ありがとー)
f0118802_23245403.jpg
屋根部分の色が違うけど、私が乗る以上「動く塗料サンプル」として「ガイナを塗装」
ちょうど在庫であったのがこの色。色目は無視。「ガイナを塗っている事に意義がある」
しかし、ただ塗り替えただけ。何かいまいち。何かもう一つほしい。見れば見るほど、もう一つ。
やはり「カスタムカー」にはカーボン部品が付いていないと。でも部品も無ければ予算も無い。
そこで思い付き塗装。ちょっと失敗覚悟でお遊び塗装。
せめてバックミラーだけでも(小さいからお遊び兼予行演習)塗ってミヨー
f0118802_00323337.jpg
f0118802_00320307.jpg
カーボンに見えるかなー。もうちょっと濃いく色付けした方がよかったかも???
次は、ボンネットとかバンパーもいいかもネー。



[PR]
# by shipyasuhide | 2017-03-03 00:51 | 倉庫兼塗装工場
フローリング塗装
地元福山市、某建設会社様新築物件フローリング塗装。
f0118802_14405698.jpg
施主様のお好みの色で塗装後、施工。以前は床施工後の引き渡し前に現場塗装を行っていましたが養生、特に塗装前の養生剥がし等の手間、掃除など等。
「塗装した床材を使用したら後から塗装するなどもう考えられない」との事。
結構頻繁に塗らして頂いております。
f0118802_14532914.jpg
しかし、フローリング材は10枚1ケース、最低でも20ケース以上。ロットが違えば材の仕上がり具合もまちまち。ペーパーをかけては塗装。乾燥させてはペーパー。手間がかかれば金額もそれなりに。
f0118802_151691.jpg
お互いそんな繰り返しではおもしろくありませんなー。
無塗装の木材に塗装すればケバが立つ。一旦乾かしてペーパーで削り、塗装すればなくなる。中間のペーパー掛けがなくなればかなり楽。うまくいけば最初のペーパ掛けもいらないかも。
「横着者の考える事」こんな事ですわ!
発想はともかく、色々やってみました。フローリングが入ってくるたび、1~2枚程度試塗に使わせてもらいながら「あーでもない、こーでもない」2か月ほど経ちましたが。へっへっへ。・・・
f0118802_15192984.jpg
f0118802_15355685.jpg
実際に触ってもらえないのが非常に残念ですが「ただ塗っただけ」
最初と中間のペーパー掛けは不要。ただし「1回塗り」と言う横着はさすがに「無理」です。
「塗り方は公表できません」あしからず。
[PR]
# by shipyasuhide | 2016-06-06 15:52 | 倉庫兼塗装工場
テーブル、塗り替え塗装
今回のテーブルは、神奈川県にお住いの方からのご依頼です。
木目を残し、濃いい色目をご希望です。
現在クリアー塗装なので木目がはっきりしているのですが・・・。
まずは、既存クリアーの塗装幕撤去を行って、木目と相談です。
f0118802_23304679.jpg
剥離剤を使って木表面に傷をつけない様に、旧塗装幕を剥がしていきます。
f0118802_233442100.jpg
f0118802_23345979.jpg
出来るだけサンダーで木の表面を削らなくて済むように、剥離剤のみで剥がしていきます。
f0118802_2339495.jpg
結構綺麗にはがれましたが、この木目では濃い目の着色のみで木目は完全に消えてなくなります。
その上、天板に使用してあるツキ板の厚みが非常に薄く、細かいペーパー研磨でも下地のベニヤが出てくるので
ギブアップ。
お客様の了解のもと、天板部分にツキ板を貼る事に。
f0118802_2354855.jpg
f0118802_2354176.jpg
ツキ板貼り付け完了。
すげー。作り立てのテーブルみたい。この木目だと濃いい着色でも木目は結構残せます。
木目は既存に近いもの。塗装する色目をツキ板を貼ってもらう業者に伝え、アドバイスの元
貼り付けるツキ板を決定。持ち込み後、1日。翌日引き取りが出来ました。
「テーブルのイメージを変える」「天板に大きな傷や焼き付き」など、あきらめていたものがよみがえります。
テーブルだけでなく、様々な家具類にも応用可能との事。捨てることなく蘇らせる事のできるものが又増えました。

そして着色。
f0118802_1194273.jpg
f0118802_1202553.jpg
こんな感じ。
足は木目が出なく他もよい。との事でツキ板は貼らず、そのまま着色。
f0118802_1225276.jpg
後、下塗りをしては、サンディング。
f0118802_1252750.jpg
繰り返す事数回。
f0118802_1302648.jpg
f0118802_1303770.jpg


これで下塗り完了。
f0118802_1322048.jpg
f0118802_1324087.jpg

後、仕上げを行って完了。

無事お客様のダイニングでご使用中です。
f0118802_1361198.jpg

[PR]
# by shipyasuhide | 2016-02-26 01:37 | 倉庫兼塗装工場
自然塗料・釣り支度・・・平成27年2月22日
夜な夜な塗装の合間にちょっと釣り支度を・・・
鬼嫁が、僕の心をちょっとくすぐる様な塗料を見つけてサンプルをもらってくれました。
そこで塗り板見本を作りながらちょっと川用の餌箱の塗り替えをする事に。
3月1日より渓流釣りが解禁になります。何はともあれ夜な夜な餌箱を塗らなければ・・・
当初オスモでの塗装予定でしたが見本板塗装中に鬼嫁が送ってもらった塗料に変更。
新しく見つけた塗料の話か、餌箱塗装の話か。頭の中に「解禁」の二文字がある為、
ぐちゃぐちゃになってまとまらないので思いつくままいきましょう。

純国産の自然塗料。杉板があったので塗り板のサンプルを作ってみました。
f0118802_22114333.jpg
f0118802_22132097.jpg
塗り板のサンプルを作っている時、一番に感じたのが「塗りやすい」とにかくスムーズに色が入る。
ヒノキでも結構色が入ってくれる。そして乾燥の速さ。この季節、工場内夜は5、6度。
明け方は0度以下になる事も。そのような条件の中、夜10時ごろ塗装した塗り板が朝にはほぼ
乾いている。午前10時くらいには2回目とかクリアー塗装が出来る。この時期これだけ乾燥の
早い自然塗料はほかに知りません。鉱物系オイルを全く含まない自然油性塗料。
又、「純国産」と言うのがいいですねー。外部暴露テストの結果は個人的な見解ですが、
オスモとほぼ同等のように思います。(外部用塗料)
クリアー塗料は亜麻仁油、紅花油等が持つ特性で濡れ色(黄色っぽい)で仕上がります。
この濡れ色感のいやな方はオスモかな?。

次はこちら。
f0118802_23254833.jpg
これは30年くらい前にダイワ(釣り具メーカー)で売っていた飛騨工芸の餌箱。おもに川虫などを入れて
使用する代物。僕の体と同じようにかなり痛みました。(泣き!)
もともと漆か、柿渋で塗られていたと思いますが面影はありません。(写真は少しペーパーを当てた状態)
少し着色後クリアー仕上げを行います。

着色中。
f0118802_23355597.jpg


もう一つは、ミミズ用。
これも30年ほど前は結構探せば売っていたのですが現在はありません。
以前使っていた物を川で忘れて無くした為、思い出しながら自作した物です。(竹製)昔の物は蓋部分も
竹で作られていましたがうまく作れないので蓋部分は杉板です。
f0118802_23451424.jpg


完成。3月までよーく乾燥させ、使用するのを待ちます。
f0118802_23495142.jpg

f0118802_2350684.jpg

[PR]
# by shipyasuhide | 2015-02-22 23:35 | 倉庫兼塗装工場
オスモ塗装 2
今回も新築物件の棚板。急ぎの部分のみ持ち込みで急遽塗装。
現在工場内の温度は6度「めっちゃ寒い」オスモはこんな状態。
f0118802_2353534.jpg
缶を倒しても流れ出てこない。
f0118802_23544429.jpg
塗料と言うよりパテみたい。使用オスモは「ウッドワックス」 こいつはワックス分が多いので冷えると
たちが悪い。
f0118802_045117.jpg
いつも通り「湯煎」熱ーいお湯に缶ごと浸ける事30秒ほど。かき混ぜると通常の塗料に戻る。
後は、オスモが冷えない内にひたすら塗る。冷えたら又「湯煎」
f0118802_072756.jpg
今回の棚板は急ぎ部材。幸いにも小さく、数も少ないので塗装した物を暖かい部屋に持ち込み乾燥
させる事にしました。前回ガイナで塗装した部屋は同じ倉庫内とは思えないほど暖かく快適。
f0118802_0194881.jpg
塗装完了。遠赤外線ヒーターを付けて温めているので明日の朝には動かせると思います。
ヒーターは帰る時、電源を落とします。
ちなみに前回塗装した部屋はこんな感じになっています。
鬼嫁に「趣味の部屋をつくったんかー」と言われました。そんなつもりは無いけど・・・。
たまたまこうなっただけ???。
f0118802_0291568.jpg
f0118802_0293656.jpg
おかしいでしょうか?工場内にこんなスペースがあってもいいじゃアーりませんか。ねー。
[PR]
# by shipyasuhide | 2015-02-04 23:45 | 倉庫兼塗装工場
雨戸塗装
本日工場内の温度は6度。今日も寒い。
f0118802_2384210.jpg
f0118802_2392699.jpg
本来弱溶剤2液型シリコン塗料での塗装予定でしたが、この寒さ、工場内の換気の悪さを考えると「乾か
ない。いや、固まらない」と言う結論に達し、急きょ車両用2液型ウレタン塗料で塗装する事にしました。
f0118802_23143578.jpg
このスペースでも右端から塗装し、3枚目を塗装し終わった時点で最初に塗装した雨戸は触れるくらい
固まっている。入れ替えながら一気に27枚。悩むことなく塗れる。
f0118802_23185910.jpg
f0118802_23194813.jpg
一気に完了。シンナーも冬用の乾燥の速い奴。組み合わせで低温時でもストレスなしに作業ができる。
この塗料は耐久性も良く「癖になりそう」
[PR]
# by shipyasuhide | 2015-02-03 23:26 | 倉庫兼塗装工場
オスモ塗装
前回工場内でキシラデコールを塗装し、乾かなくてファンヒーターを使ったり大変な思いをしました。
乾かないので納品できないやら場所を塞がれ塗装したい物ができなかったり。
でも、今回はオスモです。塗装後、翌朝には乾燥。とはいかなくてもキシラデコールのような事は無い。
新築物件の棚用の杉材。カットして使用するのだがこの状態で先に塗装しておく事に。
f0118802_22472751.jpg

現在工場内温度は8度。「寒い」当然オスモは塗料状態とは言えず「湯煎」しながらの塗装。
f0118802_2252635.jpg
オスモを湯煎しあっためては塗装。冷えて塗りづらくなっては湯煎。の繰り返しで完了。
f0118802_22553036.jpg
f0118802_22554947.jpg
湯煎をせず無理やり塗装すると、3日や4日では乾燥せずひどい目にあいますので皆さんご注意を。
[PR]
# by shipyasuhide | 2015-02-03 02:59 | 倉庫兼塗装工場